THE TRUTH IS OUT THERE.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
おまえら何様だと。
2012-12-18 Tue 17:02
■憲法改正するな…人民日報が安倍氏に3つの指摘
中国共産党機関紙・人民日報は17日、日本の新首相が「靖国神社」「尖閣諸島」
「憲法」の三つの問題に真剣に取り組むべきだとする社説を掲載した。
自民党の安倍総裁の名指しは避けているが、安倍氏に対し、靖国神社を参拝せず、
尖閣諸島の公務員常駐や自衛隊を「国防軍」と位置づける憲法改正は行わないよう
求める内容だ。

社説では、安倍氏が衆院選で検討項目に掲げた「尖閣諸島への公務員常駐」を念頭
に、「尖閣の(実効)支配を強化する試みはうまくいかない」と指摘。
集団的自衛権の行使容認や憲法改正についても、「平和憲法の放棄は日本の前途を
危うくする」と反対した。社説は、これらは中国があいまいにできない「原則」だ
と強調した。


よしわかった!全部やる!!

日本国首相が日本国内のどこに行こうが勝手、他国に指図されるいわれなし。
尖閣諸島は「戦勝国で一時沖縄周辺を接収したるアメリカ」との交渉の上
「日本国に対し返還された領土海域」であるから、効力を持つ直近の国際条約上
日本の領土領海であることは疑いようがないので、尖閣諸島の利用について
他国から指図されるいわれなし。
日本国が日本国憲法を国民の意思に基づいて変更するのは、当然の主権。
主権国家たる日本の憲法改正に、他国が干渉するのはもってのほか。

ということで、100年遅れてきた覇権主義国家に
ゴチャゴチャ言われる筋合い無し。

琉球王国は中国の属国だったので、今も中国領とか眠たいこと言ってますが
琉球王国は琉球王国という国だったので中国ではありません。
しかも、その国は現存してない上、その領土を中華人民共和国が接収した
という国際上認められた条約、広報等はありません。
それでも領有を主張するなら「中国はモンゴル領」という主張を認めるのか、
っつう話ですわね?
直近で具体的に領土化するに至った経緯を証明できる資料と証拠なしに
「歴史的に」とか言っても不毛なわけです。

アメリカが日本に尖閣諸島含む沖縄を返還した際に、中国が異論を唱えな
かったのは、内戦中だったからという意見もありますが、
アメリカが接収する時点で「中国の領土だ」という意思表明もなかった以上
それはただの詭弁でしかありません。


根拠の無い言いがかりは無視するのみ。
もしくは、靖国に参拝”しないであげてもいい”ですけど、”日本にどんな利益
供与がありますか?”と譲れる部分は外交カードにするのも一興。
幸い現在の日本国内の意思は、自虐に塗れた20年前とは大きく違います。
特定アジアが息のように吐き出すウソを、多くの国民がウソと見抜ける時代です
から、日本政府は、ただただ頭を下げ続ける愚行をもうおしまいにして、
そろそろ逆手にとって利用するぐらいでないと、国民の支持は得られません。

さて、自民党が衆院選挙で大勝。
党首は安倍晋三氏。幹事長は石破茂氏、副総理には麻生太郎氏が濃厚です。
そうそう、自民党が勝っただけで株価は上がるわ、円安に振れるわと経済も
良い方へ動き出していますね。

先の衆院選で民主党が言った言葉で、実現したことが「1つ」になりました。
『政権交代こそが景気対策』
彼らが”政権についた際に”ではなく”失脚した際”なのが皮肉ですが。
スポンサーサイト
別窓 | 日々雑感。 | コメント:0 | トラックバック:0
さて、日曜日は。
2012-12-15 Sat 00:49
さんざん待った衆議院選挙でございます。

キタワー.*:.。.:*・゜(n'∀')η゜・*:.。.:*!!☆

まぁ、なんやかんやありましたが、
民主党の方々、また、最後に他党へ移った元民主党の方々、
是非、自信を持って選挙に臨んでいただきたい。

あなた方は、あなた方の理論で国政を「より良い方向に」行ってきたはずです。
どれだけ「根本的に問題あるでしょ?」と具体的に指摘されても、
数にものを言わせるとか、もしくは反対者が不在の間にとか、
冷静に考えれば「無粋」なやり方で、政策をゴリ押ししたのは「信念」があった
からでしょう。民主党の方針に背く自治体は干す、と言い放った方もいましたね。

「選挙で大きな支持を得た民主党の方針は、イコール民意である」

きっとそんな風に思っていたのでしょう。
事実、支持する声がなかったわけではありません。
いまだ、民主党を応援する国民だって、いくばくかはいるのですから、
彼らを失望させないように、がんばっていただきたいものです。

さて、あれだけうわ言のようにあなた方が繰り返してきた「民意」が
3年という時を経て、いよいよ問われようとしています。
どうですか、この3年はおいしかったですか?楽しかったですか?
あなたがたが言っていた「国民の生活」を「第一」に政治をしましたか?
胸を張って「○○を実現しました!」と言える政策はありますか?

いまだ「自民党が…」と言い訳する事を恥ずかしいと感じない、有名議員がいますが
実績を誇れないクズに、税金でメシを喰う資格はありません。

さぁ、首を洗ってお待ちなさい。
「民意」が民主党に審判を下さいますよ。
他党に移ろうが、その烙印は消えません。
あなたがこの3年で何を成し遂げたか、
それとも、口先だけのクズだったのか。



楽しみですねぇ。
別窓 | 日々雑感。 | コメント:0 | トラックバック:0
| あまだくと! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。