FC2ブログ
  THE TRUTH IS OUT THERE.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
決意のベクトルが間違ってる
2010-11-28 Sun 02:23
>「支持率1%でも辞めない」と菅首相。政権維持への強い決意を強調。

ご自身は何を言っているのか理解されているのでしょうか。
大雑把に言えば99%の国民があなたの政治を「支持しない」と言っている状況で
あなたが「首相の職をつづける根拠」はなんなのですか。


日本国の方向性を決める舵取りをする最高責任者としての首相の支持が1%ですよ?
国民のたった1%しか支持しない首相が、日本の方向性を決めるのですか?
99%の国民の意思は、あなたにとって無意味なものなのですか?
あなたが椅子にかじりついてでも優遇したい1%とは誰ですか?

極端な表現で、政権たる意気込みを語られたのかもしれませんが、
はっきり言って「民意なんぞクソくらえ、任期一杯は好き勝手だバカどもが。」
と国民に向かって吐き捨てたように聞こえてしかたありません。

民主党の「国民の生活が第一」というスローガン。
それが具体的に感じられれば支持率10%台などになるはずがありません。
あなたがたの支持率が暴落しているのは、日本国民が少しでも納得する成果を
だすどころか、重大なポイントにおいて大失策を重ね、国民の生活の基本たる
国益を損なうばかりだからです。


いい加減に他人に責任転嫁をするのをやめたらいかがでしょうか。
あなたがたが「責任者」なのです。重圧に耐えられないのなら、職務が行えない
のなら、責任者たりえる者に交代をするべきです。
それが国民のためであり、国の為であり、それらを重視した決断をすることこそが
政治家の重大な役割です。



1%しか支持率のない政権が国家運営するのは民主主義国家として正しいですか?
なぜ1%などという支持になるまで、国民の意思を無視した政治をするのですか?
そこに思い至らない時点で、菅政権はもとより民主党には政治を担う資質に重大な
欠陥があるといわざるをえません。
スポンサーサイト
別窓 | モノ申す! | コメント:0 | トラックバック:0
<<友たちへの私信 | あまだくと! | 数十発なら誤射かも知れない。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| あまだくと! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。