THE TRUTH IS OUT THERE.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
旧日本軍の残虐行為が!
2012-11-13 Tue 13:45
【ソウル聯合ニュース】第2次世界大戦直後にロシア・サハリンのウグレ
ゴルスク(当時の恵須取町)地域で行われた 日本軍による韓国人虐殺に
ついて具体的な証言が出された。
これまでは曖昧な証言が大部分だった。
目撃者 から具体的な場所や日付、状況を聞いたという証言は今回が初めて。

 韓国の国家記録院は13日、第2次世界大戦直後に同地域で起こった日本
軍による韓国人虐殺についての 記録を追跡調査した結果、当時同地域に
住んでいた2人から具体的な証言を確保
したと明らかにした。

 同院によると、サハリン在住のファン・スンヨンさんが当時11歳だった
1945年夏、恵須取に住んでいた叔父と叔父の弟が日本軍に虐殺された
との話を母から聞いたと証言
した。ファンさんは、当時叔父夫婦は恵須取
で農業を 営んでいたが、1945年8月20日に叔父と叔父の弟が日本軍に尖った
木の枝で殴り殺された
と証言した。

 また、同年8月に当時5歳だったサハリン在住のイ・テヨブさんは後に
隣家の住人から聞いた虐殺
について証言した。

 イさんは、恵須取に住んでいたカン氏夫婦と息子2人の一家のうち、カン氏
と上の息子が日本軍に殺害されたと 説明した。日本軍がソ連軍と戦うための
竹やり作りを命じたが、上の息子の足が不自由で面倒をみなければなら
ないと断ったため日本軍に刃物で殺害され、それに抗議した上の息子も
殺害されたという。


まったく、旧日本軍の鬼畜のも劣る行為が初めて具体的に、
関係者からの又聞きによって明らかになりました。
殺害方法も残虐非道、尖った木の枝を使ってこともあろうか殴り殺す
殴るなら別に尖ってなくてもいいのに、わざわざ尖ったで殴り殺すという
非道さです。
また、当時の国民であった朝鮮人を酷使した状況も。
サハリンという極寒の土地で竹やりを作らせるという、この無理難題。
竹やりに使えるような竹類の自生北限が青森あたりですから
材料も入手できないのに製造を強制する理不尽さは、人間とは思えません。


いや、ほんとにひどい。酷すぎる!!
なんでこいつら、こんな雑なの!?
肝心なとこ100%嘘て。びっくりするわ。
スポンサーサイト
別窓 | 日々雑感。 | コメント:0 | トラックバック:0
<<カスすぎる… | あまだくと! | 見通し甘い奴に決める資格なし。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| あまだくと! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。